業務の効率化

キーボードのアップ

現在経済のグローバル化が進んでおり、日本企業も日常で様々な外国との業務に関わっています。翻訳会社へ依頼するときは、信頼のできる翻訳会社と長年にわたって契約をしていくことがお互いにとってメリットとなるでしょう。

会社に依頼をする

ノートに書く様子

現在でも多くの翻訳サービスがインターネットを活用しています。そしてこれからも、この傾向はますます抱いていくものと予測されます。昔は翻訳会社へ直接依頼をすることが必要でしたが、今はこのような手間を省くことができます。

海外とのやり取り

メモをとる手元

インターネットの普及や交通網の整備によって世界はとても縮まったといわれています。海外の人と話したいときには翻訳サービスを利用することによって翻訳をすることができます。

会話をするために必要

本に挟んだ虫眼鏡

技術文書における翻訳の重要性は

科学技術分野においては、数学で現象が記述されることが多いわけですが、数式や図、グラフだけでは意味が通じないことが多いです。それらに伴う説明文をきちんと書かなければなりません。日本人にとってハードルが高いとも言えるのが、英訳です。かつて鈴木梅太郎は、後のビタミンであるオリザニンを発見しましたが、英訳した論文に新しい栄養素であるという一文が抜けていたために、ノーベル賞受賞を逃したとも言われています。英語を学習する機会は多いですが、業務で多忙な方は翻訳会社に日本語からの翻訳を依頼する方が早いでしょう。自分が考えて訳すよりも、翻訳会社に適切に翻訳してもらった方が、外国人にきちんと意味を理解してもらえると思われます。

翻訳会社を選ぶ際の注意点

インターネット上で検索すると、様々な翻訳会社が見つかります。ここでは文学作品ではなく技術文書、学術論文に絞って考えてみます。まずポイントとしては、これらの文書を訳す経験が翻訳会社に十分にあるかどうかということです。単に文法があっているだけではダメで、適切な単語を選択していなければなりません。Webページに、この分野に特に強いということを強調している翻訳会社を選ぶようにしましょう。次に納期も注意してください。いくらいい翻訳をしてくれても、あまりに納期が遅いと、一刻を争う最先端の研究やビジネスでは間に合わないことになります。割増料金を支払って急いでもらえるサービスを提供している翻訳会社もあります。最後に、翻訳の質に問題があるとした場合、その翻訳会社は再度翻訳をしてくれるかどうか確認してください。翻訳会社の翻訳にもかかわらず、論文査読で文法がなっていないと指摘されることもたまにありますので、ご注意ください。