会社に依頼をする

ノートに書く様子

翻訳サービスの変遷について

従来、翻訳を依頼する場合には翻訳会社に依頼することが必要でした。翻訳会社は、翻訳をすることができる翻訳者を多く抱えています。翻訳会社に登録した翻訳者は、翻訳会社を通してプロジェクトを受注することになります。そして、翻訳プロジェクトを発注したい発注者は、翻訳会社に登録を行い翻訳会社に対してプロジェクトを投げるのです。つまり、翻訳会社が発注者と受注者たる翻訳者を仲介することになるのです。このように翻訳を依頼することが一般的でした。しかしながら最近では、翻訳会社はインターネットサイトを立ち上げるだけで、インターネットサイトを通じた仲介が行われるようになってきています。このことにより、よりスピーディーな翻訳が可能になっています。

今後の翻訳サービスの動向について

インターネットを利用すると翻訳会社と受注者、それに発注者、この3者にメリットが生じるのです。発注者はとても安くプロジェクトを負かすことができますし、受注者はスピード感を持って受注することができます。そして、翻訳会社は発注者と受注者をインターネットを通じてやり取りすることができるので、大幅なコストカットにつながっていくのです。このようなメリットがあるため、これからもインターネットを活用した翻訳サービスは更にドンドンと増えていくことが予測されています。